医療法人 天裕会 学芸大 漢方クリニック 目黒区鷹番,学芸大学駅, 漢方内科・皮膚科

慢性便秘

便秘とは便の回数の減少、便量の減少、硬い便、排便困難、残便感がある等の症状のことをいいます。
ストレスや加齢とともに増える傾向があります。
 

<西洋医学>

便秘の原因と分類

1.器質的な障害による排便

大腸の腫瘍や炎症、糖尿病、甲状腺機能低下等代謝異常、内分泌性便秘、薬剤性便秘等があります。
 

2.機能性便秘

①弛緩性便秘
大腸を動かす筋肉が弛んで蠕動運動が弱くなり、スムーズに便が運ばれず、硬くなって便秘となります。
高齢者が多く、冷え症の人、食生活の乱れや運動不足などが原因と考えられます。
芍薬を含む処方が選択されます。

②痙攣性便秘
大腸の蠕動運動が副交感神経の過緊張によって痙攣性収縮を生じ、便の通過に時間がかかりすぎて起こる便秘です。
ストレス社会で生活する人の便秘の原因と考えられています。
厚朴や枳実を含む処方が選択されます。

③直腸便秘
便を我慢することで直腸内大便が溜まり、習慣性の便秘になります。
おもに不規則な排便習慣、旅行、長時間の運転、痔疾患などで便意を抑制する人に多く見られます。
大黄を含む処方が選択されます。
 

<漢方治療>

漢方治療は便秘の特徴、全身の症状や舌・脈等の状況を総合して便秘の原因を突き止め、タイプ別に治療を施すので、便秘に関する処方は多種類あります。
臨床で多く見られるのは以下の4タイプです。

①実熱タイプ
症状:硬い便、排便困難、口が乾く、口臭、腹部張痛、舌紅、苔黄乾燥。
原因:普段からの陽盛体質、辛い物の過食、各種熱性疾患により、大腸に熱が溜まり津液を消耗して、大腸の蠕動が失調し便秘になる。
処方:麻子仁丸、調胃承気湯、竜胆瀉肝湯等。

②気滞タイプ
症状:大便乾燥あるいはスキッリしない、ガスやゲップが多い、腹部が張る、食欲不振、弦脈、ストレスで増悪する。
原因:精神的なストレスや運動不足による腸の緊張で運動力が低下し便秘になる。
処方:大柴胡湯、麻子仁丸、四逆散、六麻湯等。

③陰血不足タイプ
症状:兎糞状のコロコロ便、口唇や皮膚の乾燥、爪の血色不良、腹痛腹満はあまり感じない、舌淡、苔乾燥、脈細。
原因:栄養状態の悪化や、老化による腸の潤い不足で、蠕動が低下し便秘になる。
処方:潤腸湯、帰脾湯、四物湯、乙字湯等。

④気虚、陽虚タイプ
症状:便秘あるいは排便困難、排便後脱力感、日常的に疲れやすい、汗をかきやすい、寒がり、四肢の冷え、背中や腰の冷感、舌淡胖大、脈無力。
原因:先天的気虚、陽虚体質、或いは老化や慢性疾患により腎臓虚弱、腸の動きが弱くなり便秘になる。
処方:潤腸湯、補中益気湯、大黄ブシ湯

弛緩性便秘は比較的に虚弱体質の人がかかりやすく、痙攣性便秘は気滞体質の人に多く見られます。 直腸便秘は漢方の熱性便秘の治療法で効果があります。
 

<養生>

  • 穏やかな精神状態を保ち、ストレスを避け、毎日定時の排便習慣を身につける。
  • 陽虚タイプは、寒冷刺激を避け、保温に注意する。
  • 食事療法:
    ①高齢者陰血不足便秘:黒胡麻末40グラムに蜂蜜20グラムを混ぜて毎日服用する。
    ②熱性便秘:重薬または番瀉葉3グラムを適量のお湯で1日1回服用する。
    その他、バナナ(毎朝空腹時に食用する)松の実やクルミ等が潤腸通便の効果があります。