医療法人 天裕会 学芸大 漢方クリニック 目黒区鷹番,学芸大学駅, 漢方内科・皮膚科

慢性胃炎

胃に関する症状について、漢方での治療の考え方、そして日常的にできる養生についてお伝えいたします。
 

≪現代医学での胃炎≫

①萎縮性胃炎→胃の粘膜が萎縮している。
②肥厚性胃炎→胃の粘膜が厚くなっている。
③びらん性胃炎→胃の粘膜がただれている。

<主な慢性胃炎の発病原因>

①精神的ストレスの侵襲
②不規則な生活、食生活の不摂生の繰り返しと疲労の蓄積
③ピロリ菌の存在

<代表的な慢性胃炎の症状>

食欲不振、胃のもたれ、胃のつかえ、胸焼け、ゲップ、吐き気、嘔吐、胃痛(みぞおち部)
このような症状は胃炎に限らず胃潰瘍や十二指腸潰瘍でも見られます。
潰瘍の場合は空腹時の痛みが特徴的で、食事を摂ると治まります。
その他、胃酸過多症状と出血(例:タール便)を伴うこともあります。
 

≪中医学での胃炎≫

胃炎は中医学上の病名は《胃脘痛》といいます。
剣状突起の下から臍部までの部位を胃脘と言い、胃脘痛は胃脘部の疼痛を主症状とする病状です。

★中医学に基づくタイプ別の治療法★

①寒邪タイプ

原因:外部から寒邪を受けたり、冷たいもの、生ものなどを過食したりすることで寒邪が胃に滞り、胃脘痛を感じる。
特徴:激しい胃脘痛が急に起こる。押すと痛みが増す。温めると痛みが緩和する。
代表処方:安中散、良附丸
 

②食滞タイプ

原因:暴飲暴食や脂っこく消化しにくいものを過食することにより、飲食が停滞し、胃脘痛を生じる。
特徴:暴飲暴食後、胃脘部が張って痛む。押すと痛みが増す。ゲップが出る。未消化の胃内容物が逆流し、吐きそうな感じになる。
代表処方:晶三仙、平胃散
 

③気滞タイプ

原因:精神的なストレスにより胃の動きが滞り、胃脘痛を生じる。
特徴:胃脘部と両脇の脹痛。ストレスなどにより誘発、または増強する。
代表処方:柴胡疏肝湯、四逆散加芍薬甘草湯、加味逍遥散加平胃散
 

④脾胃虚寒タイプ

原因:肉体疲労や不規則な食生活などにより、胃腸の消化機能が低下して水飲が停滞し、胃脘痛を生じる。
特徴:胃脘部の鈍痛。押さえたり、温めたりすると緩和する。空腹時や疲れがある時に痛みが増す。食後に痛みが軽減する。
代表処方:黄耆建中湯、人参湯
 

⑤胃陰虚タイプ

原因:ストレスでイライラしたり、慢性熱性疾患などにより胃陰が損なわれたりして、消化機能が低下し胃脘痛が生じる。
特徴:胃脘部がシクシクした鈍痛や灼熱感。
代表処方:麦門冬湯加芍薬甘草湯、六味丸
 

≪養生≫

基本は規則正しい生活を送り、新鮮なものをバランスよく食べることが重要です。

  • 脾胃虚寒タイプは、胃を温める効果がある温熱性の香辛料(例えば小回香(ショウウイキョウ)、乾姜など)を積極的に摂るようにしましょう。
     
  • 胃陰虚タイプは、滋陰の石斛(セッコク)をお茶にして飲むのが良いでしょう。
     
  • 気滞タイプは、芳香性や温性、酸味のある食材が良いので、梅干し、ミントのお茶、セロリやレモンなど柑橘類を摂りましょう。

日本では、湿度が高いため脾虚湿重タイプが多くみられます。

胃もたれしやすい、軟便、舌に苔が厚いのが特徴です。水分や甘いものを摂りすぎないようにすることも大切です。山薬、白扁豆(ハクヘンズ)、ハトムギ、蓮の実、お米やアワなどをお粥にして食べると健脾利湿効果があります。

中医学(漢方)では、臓腑などの器質的変化で分類するのではなく、胃の痛みを主訴とする症状として捉えた中、その起因や症状の違いから分類して治療を行います。

現代医学の急・慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃神経症や胃下垂など、胃痛を主訴とする場合は、以上の治療法を参考にして治療を行うことが可能となります。