医療法人 天裕会 学芸大 漢方クリニック 目黒区鷹番,学芸大学駅, 漢方内科・皮膚科

診療の流れ

当院では体質の明確化を目指した診察・検査を行っています。

① まず院長がお話を伺います。

② 次に中医カウンセラーが体質に関わることについて詳しく伺います。
・体の状態
・生活習慣(食事、睡眠、運動)
・心の悩み(家庭、仕事)

③ 中医学の基本的診察である舌診、脈診を行います。

④ 【西洋医学的検査】 
・血圧・血流測定・・・血流の状態から自律神経の乱れなども分かります。
・血液検査・・・副作用チェックのベースとします。
・サーモグラフィー・・・対象物の表面温度を測定する検査。血流状態の悪い方、冷えの強い方に行います。
サーモグラフィー

中医学の舌診を、サーモグラフィーを用いて分析することで、体質判定や改善傾向の判断を客観的に行えるよう取り組んでおります。

 【東洋医学的検査】 
・良導絡(自費)・・・経絡(ツボ)に流れる電流を測定することで、自律神経のバランスをみます。

良導絡自律神経のバランス
料金について>>

検査結果を踏まえて

⑤ 体質に合わせた適切な漢方薬をお選びし、その処方について説明します。
基本は保険診療によるエキス製剤を処方します。
*体質や栄養状態によっては、必要に応じて、自費の煎じ薬、サプリメントなどを提案いたします。

⑥ 再診は約1週間後です。
漢方薬が合っているかどうかを判断し、血液検査結果と合わせて処方を調整いたします。
 

料金体制

費用の目安など
・診察費用
初診でかかる費用(保険診療)約5.000円~8.000円 ※診察料・検査料含む
煎じ薬を処方する場合は、自由診療となります。(初診料3.000円 再診料2.000円 ※検査料別途)
 

・自費による検査等費用
AMH 7.000円
抗精子抗体 7.000円
血液型検査 1.000円
良導絡 2.000円
文書料(診断書・証明書)3.500円
 

・薬などにかかる費用
保険の漢方薬は、通常のお薬と変わりません(院外処方)
煎じ薬:700円~/日
サプリメント(漢方):1包86円~
サプリメント(ビタミン、ミネラルなど):1.620円~